パーツのチェック 2

Aptiva のテスト

起動テストがなかなかうまくいかない。いろいろ試行錯誤するのだけど、結局原因は高さ併せのためにM/Bの裏に張ったナットがショートを誘発していたせいだったようでそいつを外すとパタリと不可解な挙動は消えた。

Aptiva の最低電圧1.94Vでの動作

98起動まで

  • K6-2/500AFX 83×5.0 414Mhzまで
  • K6-2/450AFX 83×4.5 373Mhzまで

Aptiva の Max メモリ 384MB(256+128)

98起動まで、掲示板の情報の通り

EP-MVP4 のテスト

EP-MVP4 の最低電圧1.8Vでの動作

BIOSまで

  • K6-2/450AFX 115×3.5 403Mhzまで
  • K6-200ALR   66×2.5 167Mhzまで(66×3.0=200Mhzは2.1Vまで。定格は2.9V)
  • Win Chip C6  75×3.0 225Mhz
  • Pentium 150  66×2.5 167Mhz(75×2.0=150Mhzは2.0Vまで。定格は60×2.5=150Mhz 3.3Vみたい)
  • Pentium 133  66×2.5 167Mhz

P-MVP4 のメモリ 512NB(256+256)

BIOSまで

ほか

パーツの確認 PC66? 32MB(Pen133に付いてたやつ)磨いたらOK

あと、掃除もようやくひと段落着く。買い込んだ¥100以下のビデオ達に、バラになっていたカバーのカードを貼り付けていく。