LANコネクタを移植

コネクタ移植

↑移植前

空きパターンに不要なLANカードから外したコネクタを移植。

取り外しには苦労したが、普通に電子パーツ屋で買うと高いしなによりそんな店が近場にあるわけもない。ET100-PCI-S レビューによると悪名高いカードらしくずっと使っていなかったので、スパッとニッパーを入れる。最後はノコも使って取り外した。そして半田付け。

気をよくして、電源端子の交換もするが、こちらはさらに苦労した。半田吸い取り線でチマチマやったがなかなか進まず熱でパーツがいかれないかと不安だった。ヤニを使うようにすると随分楽になった。

コネクタ移植

↑移植完了

それまではリード線でコネクタ⇔M/Bをつないでいたが、粗悪な線のため頻繁に切れていた。今回のコネクタ交換で随分楽になった。

で、恐る恐る電源をいれ、LANドライバを入れるとあっさりネットができた。

現在謎のM/Bは、

  • 12V 1Aのスキャナ用ACアダプタ
  • USBキーボード
  • USBマウス
  • USBハブ
  • 4GのHDD(電源は IDE→USB2.0変換ケーブルについてたACアダプタ)

といった構成にて、取調べ中。次はコンポジット出力を予定。